冷え性改善ガイド >  冷え性とは >  冷え性・体の冷えについて

冷え性・体の冷えについて


●あなたの体は冷えてる?・・冷え性●


自然治癒力が弱まる、血液がうまく流れないという原因の大きな理由に
冷え”があるのです(冷え性)。
そうです、体の”冷え”です。

思い当たる方、思い当たらない方いらしゃると思いますが、
冷え性(冷え症)の自覚症状がある方は、まさにそうなのですが、
自覚症状がない方で、体温は何度ですか?最近、計ったことはありますか?
平熱は何度ですか?
体が一番良く働き、血液がサラサラで流れるのは、「36、5度」です。

1度計って見て下さい。意外と高いなと思われる方が多いのではないでしょうか?
そうなんです、それほどみんな、体温が低いのです。
36、5度ある人はあまりいません。
皆さん低いです。35度台という人も多いです。
最近では、子供さんでも、35度台という人が多いです。
大人になると、なかなか計る事も少ないですから、解らない人も多いでしょうから、
この機会に1度計ってみて下さい。

では、なぜ36、5度が良いか?
少し難しくなりますが、
私たちの生命を維持するのには、”酵素”という物の働きが必要です。
酵素とは簡単に言えば、肝臓で色々な食べ物などを分解し、体の栄養素を作ったり、
悪い物を解毒したりする働きをする物です。
ですから非常に大事なものなのです。(元気になるぞ、生きるぞという働き。)
酵素というのは、36、5度で1番働いてくれるのです。
それなのに、冷えていたら(冷え性)せっかくの酵素が眠って働いてくれないのです。
だから、自然治癒力が弱って病気になったり、病気になってもなかなか治らないのです。
当たり前ですよね。

それに36,5度というのが、1番血液がサラサラに流れるのです。

病気の人は、体温が低い人が多い様です。
特に重い病気(ガン、脳梗塞等・・)の人は低い傾向があります。

体温とは別に、上半身は36、5度あるが下半身が冷たい。
体の表面は温かいが、体の芯が冷えているなど、
温度差が大きい場合も「冷え(冷え性)」なのです。
問題は、下半身や体の芯が冷えている事です。

意外かもしれませんが、足がほてる位温かすぎる場合なども「冷え」です。

ここで言う「冷え」とは、「冷え性」「体が冷える」と言うほかに、
体温の低さ、上半身と下半身の温度差、体の表面と芯の温度差などが原因で、
血液の流れが悪くなり、「自然治癒力」の働きが悪く事を言うのです。

血流は上から下には流れやすいが、下から上に行くのが大変なのです。
ゴミ(老廃物)が、たまりやすいのです。栄養が全身に行き渡りにくいのです。
流れが悪いから、「自然治癒力」が弱り、「冷える」のです。

冷え(冷え性・冷え症)の自覚症状のある方、ない方様々いらっしゃると思いますが、
どうして冷えるのか、どういった方が冷えているのか、冷えるとどうなるのかなど
詳しく、わかりやすくご説明していきます。

ページのトップへ ▲




●何故体が冷える、冷え性になるのか●


●「環境の冷え」
冷暖房の完備による体温調節機能の低下・・暑い季節に涼しく、寒い季節に暑くなり、
  本来体が持ってる体温を調節する機能が低下し、自律神経のバランスがくずれ、
  血液の循環が悪くなる。

・冷蔵庫・・1年中冷たい物を、食べたり、飲んだりし体を冷やしてしまう。

・自動車(歩かない)・・運動不足により筋力が低下し血液が循環しない。

服装・・女性の場合、冬でもスカートなどをはき、下半身を冷やしてしまう。


●「ストレスの冷え」
人間関係、仕事など、ストレスがたまると体が緊張状態になります。
少し難しいですが、自律神経というのがあって、
それは普段は意識しなくても働いてる物で、
呼吸をしたり、内臓が動いていたり、汗をかいたりなどです。

その自律神経には、2つの種類があって、
交感神経副交感神経というのがあり2つの神経が拮抗しながら働いているのです。

交感神経とは俗に昼の神経と言われ活発に動く昼間に優位に働く神経で、
体を緊張させ血流を抑制し消化器官(胃、腸)の働きも抑制します。
副交感神経とは夜の神経と言われ、寝る時や体をリラックスさせる時に優位に働き、
血流を増進し消化器官(胃、腸)の働きも増進させます。

ストレスがたまると、その内の交感神経が1日中優位に働き
寝てる時も体は緊張し、血流が悪くなり、体が冷えるのです。

さらに皆さんもよくあると思いますが、緊張するとお腹が下痢をしたり便秘をしたりするのです。
だから、ストレスがたまると、胃や腸の働きが悪くなり、下痢や便秘にもなりやすいのです。

ページのトップへ ▲




●冷えは足元からやってくる●


冷え @消化器の冷えから起こる症状
  ニキビ・シミ・吹き出物
  アレルギー肌・肌荒れ
  口内炎・胃腸障害・内臓下垂
  便秘・宿便・下痢・軟便
  腹鳴・腹部膨満・痔・脱肛
  じんましん・慢性皮膚病
  腰痛・肩こり・膝痛

A腎・副腎・泌尿・生殖器の冷えから起こる症状
  腹部うっ血(冷えのぼせ)
  冷え性・婦人病・不妊症・肥満
  腎臓病・尿道炎・精力減退
  不感症・神経痛・リウマチ
  アレルギー体質・夜尿症

B呼吸器の冷えから起こる症状
  頭痛(重)・うつ症状・肩こり
  血圧異状(最低血圧が高い)
  アレルギー性鼻炎・風邪
  せき・ぜんそく・気管支炎
  慢性皮膚病・アトピー性皮膚炎
  冷房病・しもやけ
  全身や局所の寒冷

※ 「冷え」は足もとから次第に
  お腹@→生殖器A→肺Bへと
  その障害が上がっていきます。

ページのトップへ ▲


冷え性とは

冷え性・体の冷えとはどういったものか。どうしてなるのか?注意点など。

関連エントリー

冷え性や病気になる原因
冷え性・体の冷えについて
冷え性(冷え)とデトックス
冷え性(冷え)での注意事項
冷え性を改善するには


免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

スポンサードリンク