冷え性改善ガイド >  冷え性とは >  冷え性(冷え)での注意事項

冷え性(冷え)での注意事項


●冷えを感じたことがない、逆に手足がほてってる方●


冷え性(冷え)どころか足は熱く、冬でも寝る時に布団から足を出さないといけない位
温かいし、汗もよくかくし冷えなんか全く関係ないとおっしゃる方がいらっしゃいます。
実は、そういう「ほてったり」汗を必要以上にかく人は、
「冷えの極み」1番ひどい冷えなのです。
例えば、氷に手をつけると、後で熱くなってきますよね、それと同じなのです。
冷えすぎると、熱くほてったり、必要以上に汗をかくという、
体温の調節機能が異状をきたすのです。

冷え性(冷え症)の典型です。
ですから、熱いから安心と思っている方、1番危険かもしれませんよ。
そう、1番冷えているのです

ページのトップへ ▲




●低体温と手足の冷えの関係・手足を温める秘訣●


血液は1日2000回位、体を循環すると言われています。
体温が下がり、体の機能が悪くなってくると、
末梢部(手足)まで血液を送る力が弱まってくるのです。

それに、体の大事な物は内臓や頭(脳)にあり、
まず血液をそちらに優先して循環させるのです。
手足は後回しにし、切り捨てるのです。
だから手足が冷えるのです。

逆に言うと、冬など手足が冷たく眠れない時、靴下を何枚も履いても少しは温いですが、
血液が回ってこないとなかなか温かくはならないのです。
温めるのは、あくまでも血液の循環なのです。

これは、まめ知識として憶えておくと便利です。
という事は、お腹を温めるとよいのです。
お腹(内臓)が温まってくると、
後回しにされていた血液がお腹が温まった事で、手足に循環させてくれるのです。
ですから、腹巻などをして寝ると足が温まってくるのです。

ページのトップへ ▲




●夏の冷えの怖さ●


の「冷え」は1年で1番怖いのです。
夏に冷やしぎると1年中影響するのです。

夏は外が暑いからといって、クーラーのきいた寒い部屋で、冷たい物を飲んで、
食べてしていると、体の中は極度に冷えてしまっているのです。

夏は本来、毛穴を開いて、体の毒出し(デトックス)をするのです。
ですから、逆に冷えも体に入ってきやすいのです。
冬は、体も冷えに耐えれるように、毛穴を閉じ、冷えに対抗する体になってるのです。
ですから、夏は無防備な体に冷えが入ってくるので、
体の芯が冷えてしまうのです。
それが、1年中体に影響してしまうのです。
例えば、花粉症になりやすかったりするのです。

夏に冷やさないように心がけると、
1年中の体調が良くなってきますよ。

冷え性を改善するには、当然1年中冷やさないのは言うまでもないですか。

ページのトップへ ▲


冷え性とは

冷え性・体の冷えとはどういったものか。どうしてなるのか?注意点など。

関連エントリー

冷え性や病気になる原因
冷え性・体の冷えについて
冷え性(冷え)とデトックス
冷え性(冷え)での注意事項
冷え性を改善するには


免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

スポンサードリンク