冷え性改善ガイド >  冷え性改善法(半身浴) >  冷え性改善・半身浴の効果

冷え性改善・半身浴の効果


●半身浴ってなぜ、冷え性改善に有効なのか?●


冷え性冷えを改善するための半身浴の効果は・・・

全身浴(肩までつかる)では、長時間お風呂に入る事が出来ません。
のぼせてしまうし、心臓や肺に相当な負担がかかり、
「突然死」の原因にもなりかねません。

でも、全身入った方がよく温まると思っていらっしゃる方が多いと思います。
でもそれは、分かりやすく言うと「カツオのタタキ」状態なのです。
そう、体の表面だけが温まり、体の芯(体の中)が温まっていない状態なのです。

極端に言えば、体の表面は温めなくてもいいのです。
体の中(体の芯)が温まればいいのです。
体の中が温まれば(半身浴)表面は自然と温まるのです。
逆で、表面を温めても(全身浴)、中は温まらないのです。

その為には、半身浴をしてゆっくりと体の中を温めるつもりで、入るのがいいのです。
冷え・冷え性(冷え症)を改善するのです。

重要ですから繰り返しますが、

表面ではないのです。
表面だけ温まっても疲れは取れないし、血流は良くならないのです。
かえって停滞するのです。
体の芯(体の中)を温めるのが、半身浴です。

体の老廃物(毒)は、血液が全身をめぐる事により、体外に排出されるのです(デトックス)。
ですから、体の中から温め、血流を良くしてあげる事が大事なのです。

そうする為にも、全身浴では、中から温めるのは無理なのです。
半身浴でゆっくりとつかって、中から温めてあげてください。

シャワーも同じです。
汚れを取るというのは出来ますが、温まるのは表面だけですよね。
特に、シャワーだけというのは、夏に多い事だと思いますが、
夏は体の中が、冬よりも冷房などで、冷えがたまっているのです。
その冷えを取ってあげないといけないのです。
夏の冷えは1年中に悪影響をもたらすのです。
夏に熱いお茶を飲むとおいしかったりしますよね。
熱い食べ物もおいしかったりしますよね。
それは、体が冷えてるから、そう言う温かい物を体が喜んでいるのです。

なぜ、表面だけ温まるのでは、だめなのか?
表面だけ温まっていると、外気や体内の温まってない温度にあわそうと、
すぐに体は冷えてしまうのです。
冬などは、すぐに湯ざめしてしまうのです。
お風呂に入っても、すぐに寒く、冷たくなってくるのです。

ページのトップへ ▲




●全身浴と半身浴の違い●


「全身浴すると体はポカポカ温かい」とおっしゃる方もいると思います。
全身浴と半身浴を比べると、お風呂を上がった後すぐは、
全身浴の方が温かい気がするかもしれませんが、
30分後、1時間後、2時間後を比べて下さい。

全身浴は先程も書きましたが、表面を温めるのですぐに、
外気などで冷えてくるのです。
一方、半身浴は、体の芯から温まっていますから、
30分後には温かさは間違いなく逆転しています。
そして、温かさが長時間持続するのです。
ということは、長時間血流がよく、リラックスし、”自然治癒力”が高まっているのです。
体自身が自分の体を治しているのです。
冷え性冷えを改善するには当然半身浴が効果的なのです。

それに、そうしてリラックスしていると、寝る時もすっと眠れるのです。
えてして、「不眠症」の方は、
熱いお風呂で体を興奮させて、余計に自分で眠れない様にしている方が、多いのです。
ぬるいお湯で、半身浴し、体をリラックスさせれば、
寝つきも良く、ぐっすりと眠れるのです。
是非、1度試してみて下さい。
夜中にトイレによく起きる方も
そうして温める事により、トイレで起きなくなるという事がよくあるのです。

ページのトップへ ▲




●冷え性を改善する半身浴の効果●


冷え性改善の半身浴の効果とは・・・

まず、おさらいですが、
ぬるい40度以下の温度で、半身浴を20〜30分し、汗ばむ位入ります。
体の表面ではなく、体の芯から温めてあげる。
そして、全身の血流を良くする。

お湯が熱ければ、体が緊張し、興奮するのです。
全身つかれば、心臓や肺に負担がかなりかかり、
長時間入れず、表面しか温まらないのです。
そうすれば、体はよみがえるのです。
健康が取り戻されるのです。

今までは、リラックスしようとしていたお風呂で、体を痛めつけていたのです。
毎日入るお風呂です。
1日では、変化はないかもしれません。
しかし、今までのお風呂の入り方では、じわじわと毎日健康を害していたのです。
今日からは、入り方を変えて、じわじわと毎日健康になっていきましょう。

その違いわかりますよね?
毎日不健康にしていくのと、毎日健康にしていくのでは、
1ヵ月後、1年後、5年後、10年後・・・。
両極端になるのです。
今までのままでいくと、一生不健康の方向へ、まっしぐらです。
あなたは、ただ、ゆっくりとぬるいお湯に半身浴をすれば、それだけで、
健康の方向へ、まっしぐらなのです。
今までは、不健康の方向へ、何年、何十年と走ってきたのです。
ですから、病気や痛みなど起こっても不思議ではないのです。
今日からでも遅くはありません。
その事に気づいた今日からは、健康の方向へ走って下さい。
何年、何十年と。

体が良くなり、さらにリラックスして、気持ちがいい。
毎日入っているお風呂の入り方を少し変えるだけです。
それも、今までより、気持ち良く入れるのです。

たかがお風呂、されどお風呂なのです。

ここまで、ご説明しても、大げさだろう、まゆつばだろろとおっしゃる方が、
いらっしゃるかもしれませんが、
もしそう思っていただけたのなら、とてもありがたいです。
それだけ、素晴らしい事がわかっていただけてるという事ですから。
後は、もしそんな風に思われるのであれば、あなたがその生き証人になって下さい。

「本当に自分にも、そんな効果があるのか?」と
思っていらっしゃる方もいると思いますが、
まずは、自分自身の体を信じて下さい。
誰の体にも素晴らしい力はあるのです。
まずそこを、信じなければ、どんな小さな事でも良くならないです。
他の方法をするにしても、その考えは絶対に持っておかないと、
なかなか、効果は出にくいと思います。

はっきり言って、自分の体を信じないという事ほど、
自分自身にとって失礼な話はないと思います。
人間の体は素晴らしいものなのです。
このまま不健康でいくよりは、日々健康に向かっていく、
ちょっとづつかもしれませんが、こんなに簡単な事でです。

是非、がんばってやってみましょう。

ページのトップへ ▲




●冷え性を改善する半身浴の注意点●


冷え性を改善する、半身浴・・・

冬など半身浴だと、肩などが冷たくなり、寒いくなるんじゃないかと言われます。
何も、全く肩までつかったらいけないわけではありません。
半身浴をしていて、肩などが冷たくなったら、少しの間、肩までつかって、
また半身浴に戻るとか、肩に掛け湯をするとか、その程度は大丈夫です。
その他に、肩にバスタオルをかけて入るとか、Tシャツを着て入るとか、
そういった風に工夫をして入ってもかまいません。

それに、冬場は、水温が下がりやすいので、注意してください。
ぬるくなったら、40度までの範囲でお湯を沸かしてください。

半身浴で長時間入っていると、汗もたくさんかきますので、
入浴後は水分を必ず補給して下さい。
上記のような時間入っていて立ちくらみがするとか、疲れるという方は、
時間を短めに調整してください。

お年よりの方、病気の方は、時間を短めにしても結構です。

酸欠にも注意してください。(換気を忘れずに。)
絶対に無理はしないようにしてください。

ページのトップへ ▲


冷え性改善法(半身浴)

冷え性・体の冷えを改善する方法。半身浴のおどろく効果など。

関連エントリー

冷え性を改善する半身浴とは
冷え性改善正しい半身浴方法
冷え性改善・半身浴の効果
冷え性改善半身浴とデトックス


免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

スポンサードリンク