冷え性改善ガイド >  冷え性改善法(足湯) >  冷え性を改善する足湯とは

冷え性を改善する足湯とは


●手軽にできる冷え性改善法・足湯とは●


足湯とは、足をお湯につけて、温める事により血流を促し、全身の血行を良くし、
冷えを取る健康法の1つです(冷え性解消法)。

冷え性」の方はもちろん、足の疲れやむくみ取りに、リラックス効果があるので、
寝付けない時などにもオススメです。

また足湯には、自律神経のバランスを整える作用があり、
続けて行う事で、体質改善にも役立ちます。

さらに、足湯は下半身(足)を温める事により、全身が温まり、
お風呂に入るのと同じような効果が得られるのです。

お風呂での半身浴で得られる効果(冷え性解消、冷えを取る、毒を出すなど効果)が、
手軽にいつでも得られるのが、足湯なのです。
足湯によるデトックスです(フットバス、足湯機が便利)。

体にとって、ベストな状態は「頭寒足熱」です。
とにかく、下半身を温めるのが重要なのです

おすすめ、フットバス 。これは便利です。

ページのトップへ ▲


●冷え性改善法・足湯のすばらしさ●


女性に多いとされる「冷え性」特に腰から下が冷えるという声はよく耳にし、
夏場でも冷房の効いたオフィスでは、
膝掛けなどで下半身をカバーしている女性の姿が目に付きます。

そもそも、人の体は上半身は温度が高く
下半身は低い、特に足もとは31度以下になる事があります。
しかし、体にとってベストな状態は「頭寒足熱」にありますから、
足もと(下半身)を温める事はとても重要です。

そこで、最適なのが足湯です。
足湯には、全身を温める入浴と同じ効果があります。
冷えて血行が滞っていた足先温めることで血行を促し、
全身の血行を良くすることです。
また内蔵への血流がよくなることで、
内臓機能を支配している自律神経の働きも正常化されます。

冷えを取る(冷え性を解消する)だけでなく、体の各機能をも整えてくれる、
足湯はすばらしいものなのです。

足湯は風邪などでお風呂に入れない時、
なかなか寝付けない時、足の疲れやむくみ取りにはかなり効果的です。

ページのトップへ ▲


●足湯は続ける事が重要●


冷え性を解消する足湯・・・

今日は、忙しいからやめておこうとかでは、あまり効果が期待できなくなってきます。
さらに、1回の時間を長くするよりも、回数を多くする事で効果が倍増します。
1日1回より2回、2回より3回という具合にです。
1回を1時間するよりも20分を3回した方が効果はあるのです。

さらに、お風呂との併用がさらに、効果を倍増させます。

足湯は、手軽に出来る非常にすぐれた健康法ですが、続ける事が大事です。

ページのトップへ ▲


●足湯の効果的な入り方●


●まず、必要な物
  バケツなどの容器、温度計、入浴剤、椅子、ポット、タオル、敷物
●容器にお湯を20センチほど(くるぶしから指3本位上まで)入れて、入浴剤を入れます。
●温度は40度前後(半身浴よりは少し高めでも大丈夫です)
●足を入れてからは、温度を保つため、温度が下がってきたら、さし湯をします。
●20分位はいります。
●全身が温まって、少し汗ばんできたら終了の目安です。
●お湯から出たら、足をふき、靴下などをはき保温します。

冷え性  

※ 足湯の注意点

・病気(心臓病・糖尿病・高血圧・低血圧など)の人は温度を38度位の低めで行って下さい。

・出来たら、1日3回以上すると効果的です。
 (お風呂とは別)

・朝・昼・夜・寝る前と出来たら、なお良い。

・終わったら水分補給をする。

おすすめ、足湯器 。これは便利です。

ページのトップへ ▲


冷え性改善法(足湯)

冷え性・体の冷えを改善する方法。足湯(足浴)のおどろく効果など。

関連エントリー

冷え性を改善する足湯とは


免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

スポンサードリンク